ホーム > 【か行の由来語源】 > ギネスブック【guinness book】

▶ ギネスブック【guinness book】

《スポンサードリンク》

ギネスブック【guinness book】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ギネスブックとは、各種の世界一の記録を集めた本。「ギネス・ワールド・レコーズ」とも。

【語源・由来・成り立ち】

ギネスブックの語源・名前の由来について、英国のビール会社ギネス社によって1956年に発行したしたことにちなむ。以後毎年新版が出ている。

現在では37の言語に翻訳され、100を超える国々で販売されている。

通算で1億を超える販売数を記録しており、これ自体が「著作権のある本で史上最高の販売数を誇る本」としてギネス世界記録に認定されている。

【使い方・実例・用例】

*彼の一芸はなんとギネスブックに掲載され世界記録となっている。

【漢字辞典】

「ギネスブック」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > ギネスブック【guinness book】