ホーム > 【さ行の由来語源】 > サーティワンアイス【31ice】

▶ サーティワンアイス【31ice】

《スポンサードリンク》

サーティワンアイス【31ice】の名前の由来語源・使い方

【意味】

とは、アメリカで創業した、世界最大級のアイスクリーム・パーラー・チェーン。日本では、バスキン・ロビンスと不二家の合弁会社の「B-R サーティワン アイスクリーム株式会社」がチェーン店を展開している。

【語源・由来・成り立ち】

の語源・名前の由来について、「サーティワン」とは英語の「31」で、31種類のフレーバーを揃えて「お客様に1ヶ月(31日)、毎日違ったおいしさを発見し、楽しんでいただきたい」という願いが込められている。

しかし、実際には32種類、もしくは28種類のアイスクリームが置かれている店舗が多く、これは冷蔵庫が四角いので偶数の方が経済的であるという理由である。

ちなみに、日本では「サーティワン」との呼称がほぼ一般的であるが、本国アメリカでは「バスキン・ロビンス」と呼ばれているためアメリカ人に「サーティワン」といってもほとんど通じない。

【使い方・実例・用例】

*駅前にサーティワンアイスがオープンした。

【漢字辞典】

「サーティワン」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > サーティワンアイス【31ice】