ホーム > 【あ行の由来語源】 > エアロビクス【aerobics】

▶ エアロビクス【aerobics】

《スポンサードリンク》

エアロビクス【aerobics】の名前の由来語源・使い方

【意味】

エアロビクス(aerobics)とは、音楽に合わせ、ダンス形式で行う有酸素運動の総称。「エアロビクスダンス」「エアロビクスエクササイズ」の略。

【語源・由来・成り立ち】

エアロビクスの語源・名前の由来について、エアロ(earo)は空気、気体のこと。aerobicは本来は生物学や化学の用語で、好気性の、有気性の、という意味の形容詞で、それにsをつけて名詞化した語。

酸素を多く取り入れることで循環や呼吸機能の活性化をはかる運動をいい、アメリカの医師ケネス・H・クーパー(Kenneth H. Cooper)の造語。

【使い方・実例・用例】

*あの子は最近ダイエットのためにエアロビクスを習い事としてはじめたようだ。

【漢字辞典】

「エアロビクス」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > エアロビクス【aerobics】