ホーム > 【あ行の由来語源】 > あいにく【生憎】

▶ あいにく【生憎】

《スポンサードリンク》

あいにく【生憎】の名前の由来語源・使い方

【意味】

生憎(あいにく)とは、何かをするのに都合の悪いさま。

【名前の由来語源・成り立ち】

生憎(あいにく)の名前の由来について、語源は「あやにく」で、これは「ああ憎い」という意味。それが転じて、憎たらしいほど間が悪い事をこう表現するようになった。

【使い方・用例・実例】

*二老人〔1908〕〈国木田独歩〉上「生憎(アイニク)に二本摺り損なって三本目で漸(やっ)と火が点(つ)いた」

*彼岸過迄〔1912〕〈夏目漱石〉須永の話・二〇「生憎(アイニク)な天気なので人の好い母はみんなに気の毒がった」

【漢字辞典】

「あいにく」を漢字で書くと「生憎」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > あいにく【生憎】