ホーム > 【あ行の由来語源】 > 挨拶【あいさつ】

▶ 挨拶【あいさつ】

《スポンサードリンク》

挨拶【あいさつ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

挨拶(あいさつ)とは、人と会ったときにとりかわす儀礼的な言葉や行動。

【名前の由来語源・成り立ち】

挨拶(あいさつ)の名前の由来について、「挨」は「強く背中を打って後ろから押しのける」という意味。「拶」は「大勢が押し合って進む」という事。つまり、「あいさつ」は「大勢の人を押し分けて前に進む事」。

それが禅宗の問答で門下の僧の悟りの深さを試す言葉として使われるようになり、やがて「相手の様子をうかがう」という現在のような意味になった。

【使い方・用例・実例】

*尋常小学読本〔1887〕〈文部省〉四「其時、向ひより、忠次郎の知り人来りて、帽子を脱ぎて挨拶せしに」

【漢字辞典】

「あいさつ」を漢字で書くと「挨拶」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 挨拶【あいさつ】