ホーム > 【あ行の由来語源】 > あけぼの【曙】

▶ あけぼの【曙】

《スポンサードリンク》

あけぼの【曙】の名前の由来語源・使い方

【意味】

曙(あけぼの)とは、夜がほのぼのと明けはじめる頃。暁の終わり頃で、朝ぼらけに先立つ時間をさすという。

【名前の由来語源・成り立ち】

曙(あけぼの)の名前の由来について、「あけ」は「明け」、「ぼの」は「ほのか」の意。夜が明け始め、光がほのかに差し始めるさまをいう言葉。

【使い方・用例・実例】

*徒然草〔1331頃〕一〇四「梢も庭もめづらしく青み渡りたる卯月ばかりのあけぼの、艷にをかしかりしを」

【漢字辞典】

「あけぼの」を漢字で書くと「曙」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > あけぼの【曙】