ホーム > 【あ行の由来語源】 > アキレス腱【アキレスけん】

▶ アキレス腱【アキレスけん】

《スポンサードリンク》

アキレス腱【アキレスけん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

アキレス腱とは、かかとの骨の上についている腱。歩行の時に働く腱。踵骨(しょうこつ)腱。

【名前の由来語源・成り立ち】

アキレス腱の名前の由来について、「アキレス」とはギリシア神話の英雄アキレウスのラテン語名。不死身とされながら、唯一の弱点だったかかとを矢で射られて死んだという故事にちなむ。この由来より、比喩的に「強者が持つ唯一の急所」を指す言葉として用いられることが多い。

【使い方・用例・実例】

*青春と泥濘〔1947〜49〕〈火野葦平〉一二「豆が痛み、アキレス腱がひきつって歩けないとき」

【漢字辞典】

「アキレスけん」を漢字で書くと「アキレス腱」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > アキレス腱【アキレスけん】