ホーム > 【あ行の由来語源】 > アルデバラン

▶ アルデバラン

《スポンサードリンク》

アルデバランの名前の由来語源・使い方

【意味】

アルデバランとは、おうし座α星、おうし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。赤橙色で光度0.8等、距離67光年の巨星。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。

【語源・由来・成り立ち】

アルデバランの語源・名前の由来について、アラビア語で「後に続いて光るもの」の意。アルデバランが東の地平線から昇ってくるときに、プレアデス星団の後に続いて昇ってくることからの命名。

【使い方・実例・用例】

*PepperやNAOを開発したアルデバランロボティクスがディベロッパープログラムの受け付けを開始した。

【漢字辞典】

アルデバランの漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > アルデバラン