ホーム > 【あ行の由来語源】 > 阿弥陀被り【あみだかぶり】

▶ 阿弥陀被り【あみだかぶり】

《スポンサードリンク》

阿弥陀被り【あみだかぶり】の名前の由来語源・使い方

【意味】

阿弥陀被り (あみだかぶり)とは、帽子のつばを、後ろに傾ける被り方。

【語源・由来・成り立ち】

阿弥陀被りの語源・名前の由来について、阿弥陀仏が光背(こうはい)を負う様子に似ていることからいうもの。光背は仏像の背後にある光明を表す装飾で、後光をかたどったもの。

【使い方・実例・用例】

*大学構内でヘルメットをあみだにかぶり、拡声機で「ベーテー(米帝国主義)」だの「ギマン(欺瞞)」だのと叫んでいた「活動家」たち。(毎日新聞)

【漢字辞典】

「あみだかぶり」を漢字で書くと「阿弥陀被り」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 阿弥陀被り【あみだかぶり】