ホーム > 【あ行の由来語源】 > 杏仁豆腐【あんにんどうふ】

▶ 杏仁豆腐【あんにんどうふ】

《スポンサードリンク》

杏仁豆腐【あんにんどうふ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

杏仁豆腐 (あんにんどうふ)とは、中国料理の点心の一つ。杏仁をすりつぶして寒天で固め、シロップをかけたもの。「きょうにんどうふ」とも。

【語源・由来・成り立ち】

杏仁豆腐の語源・名前の由来について、「仁」はを意味で、「杏仁」は(あんず)の種の中の核。杏仁豆腐は、核の中の胚を粉状にし、牛乳や寒天を混ぜて冷やし固めたデザート。白く豆腐のようであることから、この名で呼ばれる。

【使い方・実例・用例】

*アセロラ杏仁は、クリーミーで甘い香りとコクのある杏仁豆腐に甘酸っぱいアセロラソースがマッチする爽やかなスイーツ。

【漢字辞典】

「あんにんどうふ」を漢字で書くと「杏仁豆腐」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 杏仁豆腐【あんにんどうふ】