ホーム > 【あ行の由来語源】 > 青大将【あおだいしょう】

▶ 青大将【あおだいしょう】

《スポンサードリンク》

青大将【あおだいしょう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

青大将(あおだいしょう)とは、ナミヘビ科の蛇。日本産では最大の蛇で、大きなものは2メートルを超える。無毒で性格は温順。人家付近にすみ、ネズミなどを捕食する。

【語源・由来・成り立ち】

青大将の語源・名前の由来について、アオダイショウの「アオ」は、背中の色が暗緑色であることから。

「タイショウ」は、ダイジャ(大蛇)が転じたものとする説と、その最大の大きさから蛇の長としてタイショウ(大将)と名付けられたとする説がある。

【使い方・実例・用例】

*エビ中×しゃち×たこ虹の青色メンバー「チーム青大将」がスピリッツ表紙に(ナタリー)

【漢字辞典】

「あおだいしょう」を漢字で書くと「青大将」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 青大将【あおだいしょう】