ホーム > 【あ行の由来語源】 > 青息吐息【あおいきといき】

▶ 青息吐息【あおいきといき】

《スポンサードリンク》

青息吐息【あおいきといき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

青息吐息(あおいきといき)とは、非常に困ったときや、苦しいときに弱った様子で吐くため息のこと。また、そういう様子。

【語源・由来・成り立ち】

青息吐息の語源・名前の由来について、「青息」は苦しいときの息で、青ざめて息を吐くからの例え。また、大息(おおいき)が転じたものともされる。

「吐息」はため息で、「吐」は音読み。「息」の熟語を繰り返すことで語調を整え、意味を強めたもの。

【使い方・実例・用例】

*原因は不明のままで、漁業関係者と友釣りの太公望はともに「青息吐息」の状況になった。(毎日新聞)

【漢字辞典】

「あおいきといき」を漢字で書くと「青息吐息」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 青息吐息【あおいきといき】