ホーム > 【あ行の由来語源】 > あさまだき【朝まだき】

▶ あさまだき【朝まだき】

《スポンサードリンク》

あさまだき【朝まだき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

朝まだきとは、夜のまだ明けきれないころ。

【語源・由来・成り立ち】

朝まだきの語源・由来について、「まだき」は、まだその時期になっていないうちを意味する語で、「朝まだき」はまだ完全に朝になっていないときの意味である。

なお「まだき」の語源については、まだその時期に至らぬという意味の形容詞「まだし(未)」との関連を想定する説が多い。

【実例・用例】

*俳諧・犬子集〔1633〕一五・雑下「かれいひを朝またきより味ひて 三川の宿を出るなりひら〈重頼〉」

*落語・ちきり伊勢屋〔1893〜94〕〈禽語楼小さん〉「伊勢屋の見世前は乞食の市の如く未明(アサマダキ)から詰掛る奴へ、一々施して仕舞って段々考へましたが」

【漢字辞典】

「あさまだき」を漢字で書くと「朝まだき」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > あさまだき【朝まだき】