ホーム > 【あ行の由来語源】 > アサリ/浅蜊【あさり】

▶ アサリ/浅蜊【あさり】

《スポンサードリンク》

アサリ/浅蜊【あさり】の名前の由来語源・使い方

【意味】

アサリ(浅蜊)とは、マルスダレガイ科の二枚貝。日本各地の内湾域の砂泥地に多く生息する。肉は食用とされる。

【名前の由来語源・成り立ち】

アサリ(浅蜊)の名前の由来について、語源には、魚貝や海藻を獲る意の「漁る(あさる)」からという説や、浅い水に住む貝の意からとする説がある。漢字では「浅蜊」と書く。

【使い方・用例・実例】

*俳諧・七番日記‐文化九年〔1812〕一〇月「陽炎にぱっかり口を蜊哉

【漢字辞典】

「アサリ」を漢字で書くと「浅蜊」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > アサリ/浅蜊【あさり】