ホーム > 【あ行の由来語源】 > 足枷となる【あしかせとなる】

▶ 足枷となる【あしかせとなる】

《スポンサードリンク》

足枷となる【あしかせとなる】の名前の由来語源・使い方

【意味】

自由な行動の妨げになること。

【語源・由来・成り立ち】

「足枷」とは昔の刑罰の道具で、二枚の厚板の真ん中を繰り抜き、罪人の足首にはめて自由に動けないようにしたもの。

手首にはめるのは「手枷」といい、「手枷足枷」といえば、自由が束縛されて、がんじがらめの状態のたとえにいう。

【漢字辞典】

「あしかせとなる」を漢字で書くと「足枷となる」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 足枷となる【あしかせとなる】