ホーム > 【か行の由来語源】 > カーネーション【carnation】

▶ カーネーション【carnation】

《スポンサードリンク》

カーネーション【carnation】の名前の由来語源・使い方

【意味】

カーネーション(carnation)とは、ナデシコ科の多年草。母の日のシンボルとする。

【語源・由来・成り立ち】

カーネーション語源・名前の由来について、ラテン語で王冠の意のcoronaに基づく語で、この花で王冠を作ったからとも、花の形が王冠に似ているからともいう。

また一説に、肉を意味するラテン語caroに基づく語で、花が淡紅色で肉の色に似ていることからともいう。

南ヨーロッパおよび西アジア原産でm日本には江戸時代にオランダから渡来。和名は「オランダ石竹(せきちく)」。

【使い方・実例・用例】

*母親に感謝の気持ちを伝える「母の日」の贈り物といえば、やっぱりカーネーション

【漢字辞典】

「カーネーション」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > カーネーション【carnation】