ホーム > 【た行の由来語源】 > 千鳥足【ちどりあし】

▶ 千鳥足【ちどりあし】

《スポンサードリンク》

千鳥足【ちどりあし】の名前の由来語源・使い方

【意味】

千鳥足(ちどりあし)とは、足を、左右踏みちがえて歩くこと。特に、酒に酔った人がふらふらしながら歩くことのたとえ。酔歩。千鳥歩き。

【名前の由来語源・成り立ち】

千鳥足(ちどりあし)の名前の由来について、千鳥という鳥の歩き方に似ていることからいうもの。

千鳥の足は他の鳥と違い、後を支える指がないので、よろめいた歩き方になってしまうことから、酔っぱらいのふらふらした歩き方にたとえていうようになった。

【使い方・実例・用例】

*仮名草子・元の木阿彌〔1680〕上「ふいご祭りにたべ酔ふて、ちどりあしする風情して」

【漢字辞典】

「ちどりあし」を漢字で書くと「千鳥足」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 千鳥足【ちどりあし】