ホーム > 【か行の由来語源】 > クロッカス【Crocus】

▶ クロッカス【Crocus】

《スポンサードリンク》

クロッカス【Crocus】の名前の由来語源・使い方

【意味】

クロッカスとは、アヤメ科の多年草。早春に花を咲かせるものと、晩秋に咲くものがあり、後者はサフランと呼ばれる。花サフラン。

【語源・由来・成り立ち】

クロッカスの語源・名前の由来について、クロッカス(crocus)の語源はギリシア語の「krokos(糸)」で、クロッカスの花の雄しべの花柱が、上の方で3つに別れて長く垂れ下がり、糸のように見えることに由来する。

【使い方・実例・用例】

*函館市杉並町の遺愛学院構内で群生しているクロッカスの花が見ごろを迎えた

【漢字辞典】

「クロッカス」の漢字表記は不明。英語表記は「Crocus」。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > クロッカス【Crocus】