ホーム > 【た行の由来語源】 > 大上段に構える【だいじょうだんにかまえる】

▶ 大上段に構える【だいじょうだんにかまえる】

《スポンサードリンク》

大上段に構える【だいじょうだんにかまえる】の名前の由来語源・使い方

【意味】

大上段に構える (だいじょうだんにかまえる)とは、相手に対して上からものを言うような、威圧的な態度を取ること。

【語源・由来・成り立ち】

大上段に構えるの語源・名前の由来について、「大上段」は剣道で、竹刀を頭上高く振りかぶり、相手を威圧する構えのことで、上段の構えを強調していう言葉。

その構えの様子jから、比喩的に人の態度についても用いられるようになった。

【使い方・実例・用例】

*つまりは「相手を完全に信じ込ませる」と大上段に構えているため、いかがわしさはぬぐい切れない。

【漢字辞典】

「だいじょうだんにかまえる」を漢字で書くと「大上段に構える」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 大上段に構える【だいじょうだんにかまえる】