ホーム > 【た行の由来語源】 > 旦那【だんな】

▶ 旦那【だんな】

《スポンサードリンク》

旦那【だんな】の名前の由来語源・使い方

【意味】

旦那とは、商家などの主人、一家の主人、夫をさす。また、芸者や役者などのパトロン。商人などが男性客を呼ぶときにも用いる。

【名前の由来語源・成り立ち】

旦那の名前の由来について、本来は仏教語で、「檀那」と書き、寺院や僧侶に布施をする信者のことをいった。サンスクリット語Dāna patiの音訳「檀那波底」の略で、Dānaは布施、施しを意味する。

(※)サンスクリット語…古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。

【使い方・実例・用例】

*あらくれ〔1915〕〈徳田秋声〉三「駄目だよ、旦那が気がないから」

【漢字辞典】

「だんな」を漢字で書くと「旦那」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 旦那【だんな】