ホーム > 【た行の由来語源】 > デカすぎメロンパン

▶ デカすぎメロンパン

《スポンサードリンク》

デカすぎメロンパンの名前の由来語源・使い方

デカすぎメロンパン

【意味】

デカすぎメロンパンとは、関東甲信越10都県の大学生協などでつくる「大学生協東京事業連合」が企画した直径20センチ以上の大きなメロンパン。

【名前の由来語源・成り立ち】

デカすぎメロンパンの語源・由来について、直径20センチもあることから、ひとりではとても食べきれない量である。そのため、まわりの人と分け合って食べることになり、そこにコミュニケーションが発生することで、新入生のコミュニケーションづくりのきっかけになることを狙いとした商品。

この大学生協は、以前にも、「単位パン」を企画して話題になった。

【実例・用例】

5月22日の「スッキリ!!」で、関東甲信越の大学生協で発売された「デカすぎメロンパン」が取り上げられ、「新入生のコミュニケーションづくりのきっかけになる」と紹介された。(ガジェット通信)

【漢字辞典】

デカすぎメロンパンの漢字表記は不明。

【Twitterの投稿】

(img via livedoor)


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > デカすぎメロンパン