ホーム > 【た行の由来語源】 > どら焼き/銅鑼焼き【どらやき】

▶ どら焼き/銅鑼焼き【どらやき】

《スポンサードリンク》

どら焼き/銅鑼焼き【どらやき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

どら焼きとは、和菓子の一種。小麦粉・卵・砂糖を原料として丸く銅鑼の形に焼いた二枚の皮の間に粒餡をはさんだもの。

【名前の由来語源・成り立ち】

どら焼きの名前の由来語源について、「どら」とは、法会や船の出航の合図などに使う円盤状の打楽器「銅鑼(どら)」のこと。その銅鑼に形が似ていることからの命名。

江戸時代のどら焼きは、皮を一枚だけ用い、四角く折りたたみ、片面の中央はあんこがむき出しであったという。

現在の二枚のカステラ風の生地で挟む方式は、1914年(大正3年)創業の上野の和菓子屋「うさぎや」にて考案され、全国に広まったとされる。

【使い方・用例・実例】

*暢気眼鏡〔1933〕〈尾崎一雄〉一「これ自分で売りに行って、ドラ焼買はう」

【漢字辞典】

「どらやき」を漢字で書くと「どら焼き」「銅鑼焼き」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > どら焼き/銅鑼焼き【どらやき】