ホーム > 【あ行の由来語源】 > 恵比須顔【えびすがお】

▶ 恵比須顔【えびすがお】

《スポンサードリンク》

恵比須顔【えびすがお】の名前の由来語源・使い方

【意味】

恵比須顔 (えびすがお)とは、嬉しそうに、にこにことした顔つき。

【語源・由来・成り立ち】

恵比須顔の語源・名前の由来について、「恵比須」は「恵比寿」とも書き、七福神の一人。

商売・漁業の守り神で、釣り竿と鯛を持って、にこにことした顔をしていることにちなむ。

【使い方・実例・用例】

*「かなりの宣伝広告収入が見込める」と彼は恵比須顔になって答えてくれた。

【漢字辞典】

「えびすがお」を漢字で書くと「恵比須顔」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 恵比須顔【えびすがお】