ホーム > 【あ行の由来語源】 > エスペラント【Esperanto】

▶ エスペラント【Esperanto】

《スポンサードリンク》

エスペラント【Esperanto】の名前の由来語源・使い方

【意味】

エスペラントとは、エスペラント語のこと。19世紀にザメンホフが考案した人工言語で母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする、いわゆる国際補助語の一つ。

【語源・由来・成り立ち】

語源・名前の由来について、1889年にポーランドのザメンホフが『国際語』と題した著書で発表した。当初は特に名称はなかったが、「エスペラント博士(Doktoro Esperanto)」というペンネームを使って発表したため、しだいにこの名で呼ばれるようになった。

この「エスペラント」とはエスペラントの単語で「希望する者」を意味する。

【使い方・実例・用例】

エスペラントはその後、いろいろなルートで世界中に広まりザメンホフの名前も知れ渡る。

【漢字辞典】

「エスペラント」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > エスペラント【Esperanto】