ホーム > 【あ行の由来語源】 > エベレスト【Everest】

▶ エベレスト【Everest】

《スポンサードリンク》

エベレスト【Everest】の名前の由来語源・使い方

【意味】

エベレスト(Everest)とは、世界最高峰のヒマラヤ山脈の主峰。ネパールと中国チベット自治区との国境にあり、標高8848メートル。1953年、英国登山隊が初登頂。チベット語名チョモランマ、ネパール語名サガルマータ。

【語源・由来・成り立ち】

エベレストの語源・名前の由来について、1852年に世界最高峰と判明したとき、インド測量局長官であったジョージ=エベレストを記念して命名された。

別名のチョモランマは、チベット語で「母の大地」の意。

【使い方・実例・用例】

*彼は世界最高峰のエベレストへの登頂を目指してがんばっている。

【漢字辞典】

「エベレスト」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > エベレスト【Everest】