ホーム > 【か行の由来語源】 > 拳骨【げんこつ】

▶ 拳骨【げんこつ】

《スポンサードリンク》

拳骨【げんこつ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

拳骨 (げんこつ)とは、にぎりこぶし。また、にぎりこぶしで頭をたたくこと。げんこ。

【語源・由来・成り立ち】

拳骨の語源・名前の由来について、「こぶし」の意を表す漢語「拳」に接尾語「こ」が付き、それが固く握り締めたものであるところから「拳固」という漢字が当てられ、「げんこ」という言い方ができた。したがって、「げんこ」だけでもにぎりこぶしの意を表す。

「げんこつ」は、「げんこうち(拳固打)」が「げんこち」→「げんこつ」と音変化したものとされ、後に「こつ」に「骨」の字が当てられ「拳骨」となった。

【使い方・実例・用例】

*先生のゲンコツは体罰だと思う。

【漢字辞典】

「げんこつ」を漢字で書くと「拳骨」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 拳骨【げんこつ】