ホーム > 【か行の由来語源】 > ご利益【ごりやく】

▶ ご利益【ごりやく】

《スポンサードリンク》

ご利益【ごりやく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ご利益 (ごりやく)とは、神仏の力によって授かる幸福、恩恵のこと。

【語源・由来・成り立ち】

ご利益の語源・名前の由来について、「利益(りやく)」は仏教語で、他のためになることを意味し、仏や菩薩が衆生など他に対して恩恵を与えること、またその恩恵をいう。

ちなみに「りえき」と読めば、利得・もうけの意味で別の言葉になる。

【使い方・実例・用例】

*弘法大師ゆかりの霊場をめぐる「四国八十八か所のお遍路」がこのゴールデンウィークに人気だという。なにせ今年はご利益5倍なるというのだ。

【漢字辞典】

「ごりやく」を漢字で書くと「ご利益」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > ご利益【ごりやく】