ホーム > 【か行の由来語源】 > 後手に回る【ごてにまわる】

▶ 後手に回る【ごてにまわる】

《スポンサードリンク》

後手に回る【ごてにまわる】の名前の由来語源・使い方

【意味】

後手に回るとは、相手に先を越され、受け身の立場になること。

【語源・由来・成り立ち】

後手に回るの語源・名前の由来について、「後手」は囲碁・将棋で、相手よりあとから打ったり指したりすることで、あとの方が受け身になり、不利になることからいうもの。

【使い方・実例・用例】

*先制点が是が非でもほしいんだけど、後手後手に回ってしまうのが、今のチームの現状だな。

【漢字辞典】

「ごてにまわる」を漢字で書くと「後手に回る」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 後手に回る【ごてにまわる】