ホーム > 【は行の由来語源】 > ホルタマ丼/ホル玉丼

▶ ホルタマ丼/ホル玉丼

《スポンサードリンク》

ホルタマ丼/ホル玉丼の名前の由来語源・使い方

ホルタマ丼/ホル玉丼の名前の由来語源(photo:tabelog)

【意味】

ホルタマ丼/ホル玉丼とは、神戸にあるどんぶり専門店マルナカのオリジナル人気メニュー。神戸B級グルメとして有名。価格はS・M・Lが税込500円。

【語源・由来・成り立ち】

ホルタマ丼の語源・名前の由来について、ホルモン(ホル)を半熟卵(タマ)でとじたものを丼にのせたことから、店主によりその名が付いたとされる。親子丼の鶏肉の代わりにホルモンが入っている人気どんぶりである。

【使い方・実例・用例】

*ホルモンを卵でとじた「ホルタマ丼」はワンコインのナイスなB級グルメである。

【漢字辞典】

「ほるたまどん」を漢字で書くと「ホルタマ丼/ホル玉丼」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【は行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【は行の由来語源】 > ホルタマ丼/ホル玉丼