ホーム > 【さ行の由来語源】 > 陣笠議員【じんがさぎいん】

▶ 陣笠議員【じんがさぎいん】

《スポンサードリンク》

陣笠議員【じんがさぎいん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

陣笠議員 (じんがさぎいん)とは、政党などで、役職についていない、平の議員のこと。

【語源・由来・成り立ち】

陣笠議員の語源・名前の由来について、「陣笠」とは、薄い鉄やなめし革で作って、漆を塗った笠のこと。

昔、足軽(あしがる)や雑兵(ぞうひょう)など身分の低い兵士が、戦場で兜(かぶと)の代わりに陣笠を被ったことから、下級武士を「陣笠」や「陣笠連」と呼ばれていた。

そこから転じて、身分の低いことをあなどっていうようになった。したがって、陣笠無理には、下っ端疑義んというあざけりの意味が含まれる。

【使い方・実例・用例】

*彼は野党議員でも陣笠議員でも、ましてや評論家でもない。

【漢字辞典】

「じんがさぎいん」を漢字で書くと「陣笠議員」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 陣笠議員【じんがさぎいん】