ホーム > 【か行の由来語源】 > 株式【かぶしき】

▶ 株式【かぶしき】

《スポンサードリンク》

株式【かぶしき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

株式 (かぶしき)とは、株式会社の資本の構成単位。株式会社への出資者は、この株式を購入して株主となる。

【語源・由来・成り立ち】

株式の語源・名前の由来について、「株(かぶ)」は木を伐(き)った後もずっと残っている根元のことで、その「ずっと残っている」というところから、世襲によって継続的に保持される身分や地位のことを「株」というようになった。

また、契約によって保持される営業権のことは特に「株式」(式は規格の意)といい、これが明治時代に商法の用語として採用され現在に至った。

【使い方・実例・用例】

*あの会社の株式をすべて買い取ったのは私だ。

【漢字辞典】

「かぶしき」を漢字で書くと「株式」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 株式【かぶしき】