ホーム > 【か行の由来語源】 > 格好/恰好【かっこう】

▶ 格好/恰好【かっこう】

《スポンサードリンク》

格好/恰好【かっこう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

格好(かっこう)とは、姿やかたち。ちょうど適した程度・様子であるさま。

【語源・由来・成り立ち】

語源・名前の由来について、本来は「恰好」と書き、中国宋代の俗語で、ちょうど、おりよくの意。「恰」はあたかも、ちょうどの意を表す。

日本ではちょうど合うこと、ふさわしいことの意で使われ、さらに形がちょうどよいということから、姿・形そのものの意に用いられるようになり、「格好」とも書くようになった。

【使い方・実例・用例】

*社長はノーネクタイで、シャツをズボンに入れないラフな格好をしている。

【漢字辞典】

「かっこう」を漢字で書くと「格好」「恰好」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 格好/恰好【かっこう】