ホーム > 【か行の由来語源】 > 神主【かんぬし】

▶ 神主【かんぬし】

《スポンサードリンク》

神主【かんぬし】の名前の由来語源・使い方

【意味】

神主(かんぬし)とは、神社に仕えて神をまつる人。古形「かむぬし」。

【語源・由来・成り立ち】

神主(かんぬし)の語源・由来について、古くは神事を主宰する人をさした。「神」を祭る「主」の意味で、「かむぬし」と呼んだ。

「かむ」は「神(かみ)」の複合語を作るときの形で、「かむかぜ(神風)」「かむがかり(神懸)」のようにあらわれている。「かむぬし」は転じて、「かんぬし」に変化し、神社に奉仕する神官の長、さらには広く神職一般をさす語となった。

【実例・用例】

*色葉字類抄〔1177〜81〕「神主 カムヌシ」

*日葡辞書〔1603〜04〕「Cannuxi (カンヌシ)〈訳〉カミに仕える主だった者の一人で長たるもの」

【漢字辞典】

「かんぬし」を漢字で書くと「神主」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 神主【かんぬし】