ホーム > 【か行の由来語源】 > 貫禄【かんろく】

▶ 貫禄【かんろく】

《スポンサードリンク》

貫禄【かんろく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

貫禄(かんろく)とは、身に備わった威厳。物言いなどから感じられる重々しさ。

【語源・由来・成り立ち】

貫禄(かんろく)の語源・由来について、「」はお金の単位である銭であるが、中世においては、土地や領土の規模を「貫高五万貫」と言うように、銭何貫に相当するのかであらわした。

」は武士のの大きさや給与の高さを意味することから、高い禄をはむ(=給料を受けて生活する)者の身に備わった威厳をさすようになった。

その人の身に備わった威厳という意味で一般化されるのは、明治以降のことで俗語的に使われていた。

【実例・用例】

よく使われる用例は「貫禄が付く」などがある。

*春泥〔1928〕〈久保田万太郎〉三羽烏・四「それだけのまだ貫祿(かんろく)もないものに決してそんな依怙の沙汰はしなかった」

*潮騒〔1954〕〈三島由紀夫〉三「その年でもう貫祿をつけることを知ってゐて、集まりには必ず遅れて来るのである」

【漢字辞典】

「かんろく」を漢字で書くと「貫禄」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 貫禄【かんろく】