ホーム > 【か行の由来語源】 > 肩車【かたぐるま】

▶ 肩車【かたぐるま】

《スポンサードリンク》

肩車【かたぐるま】の名前の由来語源・使い方

【意味】

肩車(かたぐるま)とは、子供などを、足で首にはさむようにさせて肩にのせること。

【語源・由来・成り立ち】

肩車(かたぐるま)の語源・由来について、肩にのせることから、肩を車に見立てて「肩車」と名づけた。古くは片方の方にのせて担ぐことも同じく「肩車」と言った。

【実例・用例】

*日本読本〔1887〕〈新保磐次〉五「旅人は皆人足の肩車に乗りて渡りしが、今は橋掛りて往来甚便なり」

*明暗〔1916〕〈夏目漱石〉五四「もっと肥ってた時分、西洋人の肩車へ乗った話を御聞きですか」

【漢字辞典】

「かたぐるま」を漢字で書くと「肩車」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 肩車【かたぐるま】