ホーム > 【か行の由来語源】 > カツオブシ/鰹節(かつおぶし)

▶ カツオブシ/鰹節(かつおぶし)

《スポンサードリンク》

カツオブシ/鰹節(かつおぶし)の名前の由来語源・使い方

【意味】
鰹(かつお)の身をゆでて、何回もいぶし、乾かす作業をくりかえしたのち、黴(かび)付けをして日に干した食べ物。

【語源・由来】
 

【漢字辞典】
「かつおぶし」「カツオブシ」を漢字で書くと「鰹節」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > カツオブシ/鰹節(かつおぶし)