ホーム > 【か行の由来語源】 > ケチが付く【けちがつく】

▶ ケチが付く【けちがつく】

《スポンサードリンク》

ケチが付く【けちがつく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

けちがつくとは、縁起の悪いことが起こる。また、悪評や難癖などのために、物事がうまく進まなくなること。

【語源・由来・成り立ち】

けちがつくの語源・名前の由来について、「けち」とは、不思議な出来事を表す「怪事(けじ)」が音変化したもので、「あやしき事」の意と示すとされる。

それが「つく」のであるから、縁起の悪いことが起こることの意味となる。

【使い方・実例・用例】

*これほど次から次にケチがつくオリンピックは初めてではないか。

【漢字辞典】

「けちがつく」を漢字で書くと「」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > ケチが付く【けちがつく】