ホーム > 【か行の由来語源】 > 怪我の功名【けがのこうみょう】

▶ 怪我の功名【けがのこうみょう】

《スポンサードリンク》

怪我の功名【けがのこうみょう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

怪我の功名 (けがのこうみょう)とは、過失や災難と思われたことが、意外にもよい結果を生むこと。また、何気なくしたことが好結果をもたらすこと。

【語源・由来・成り立ち】

怪我の功名の語源・名前の由来について、「けが」を「怪我」と書くのは当て字で、もともと過失や偶然の負傷を表した。

「功名」は、古くは「高名」と書き、高い評判という意味であったが、次第に手柄の意が生じた。

【使い方・実例・用例】

*善光寺でのドローン落下事故なども起きたが、怪我の功名で法整備もシッカリと進み、実証実験も盛んに行われている。

【漢字辞典】

「けがのこうみょう」を漢字で書くと「怪我の功名」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 怪我の功名【けがのこうみょう】