ホーム > 【か行の由来語源】 > 刑務所【けいむしょ】

▶ 刑務所【けいむしょ】

《スポンサードリンク》

刑務所【けいむしょ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

刑務所とは、法令に違反し、裁判などの結果、刑罰に服することとなった者を高速・収容する施設。

【語源・由来・成り立ち】

刑務所の語源・名前の由来について、1922年にそれまでの「監獄」から改称。

隠語で「むしょ」というが、江戸時代には牢屋のことを「虫寄場(むしよせば)」といい、それを略した「むしよ」が変化したもの。

「虫」は牢屋が虫籠のようであったからで、「六四(むし)」と当てることがあるのは牢屋の食事が麦と米の割合が6対4であったことによるという。

【使い方・実例・用例】

*5年の月日を経てホリエモンが刑務所から出てきた。

【漢字辞典】

「けいむしょ」を漢字で書くと「刑務所」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 刑務所【けいむしょ】