ホーム > 【か行の由来語源】 > 欅坂46【けやき坂46】

▶ 欅坂46【けやき坂46】

《スポンサードリンク》

欅坂46【けやき坂46】の名前の由来語源・使い方

欅坂46【けやきざか46】の名前の由来語源

【意味】

欅坂46(けやきざか46)とは、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生したアイドルグループ。同じく秋元が手がける乃木坂46の関連グループでもある。またアンダーグループとして「けやき坂46(ひらがなけやき)」がある。

【語源・由来・成り立ち】

欅坂46の語源・名前の由来について、当初は「欅坂46」という名前ではなく、「鳥居坂46」という名前だった。

鳥居坂46の名前の由来は、乃木坂46のアンダーメンバーが「乃木坂46 アンダーライブ」(略して、アンダラ)の会場である東京・Zeppブルーシアター六本木の近くにある「鳥居坂」からきていた。

しかし、オーディション結果発表後、お披露目の場で乃木坂46運営委員長の今野義雄氏から『「鳥居坂46」という名前でオーディションをさせていただいていましたが、チーム名を変更することになりました』と「欅坂(けやきざか)46」に改名すると発表があった。

改名理由については、今野氏からは明かされておらず謎のままである。

【使い方・実例・用例】

欅坂46の成功例からも分かるように、最近のアイドルにはかわいいだけじゃ駄目である。

【漢字辞典】

「けやきざか46」を漢字で書くと「欅坂46」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 欅坂46【けやき坂46】