ホーム > 【か行の由来語源】 > 気前がよい【きまえがよい】

▶ 気前がよい【きまえがよい】

《スポンサードリンク》

気前がよい【きまえがよい】の名前の由来語源・使い方

【意味】

気前がよいとは、金や物に執着せず出し惜しみしない。けちけちしない。

【語源・由来・成り立ち】

気前がよいの語源・名前の由来について、「気前」とは、気性、気質、気立てのこと。

「前」は腕前・男前などと同じく、人に関する語について属性を強調する語で、気性が良くてさっぱりしているということから、特に金品に関して淡白だ、惜しまないという意になった。

【使い方・実例・用例】

*毎回おごってくれる社長は気前がよい

【漢字辞典】

「きまえがよい」を漢字で書くと「気前がよい」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 気前がよい【きまえがよい】