ホーム > 【か行の由来語源】 > 鬼門【きもん】

▶ 鬼門【きもん】

《スポンサードリンク》

鬼門【きもん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

鬼門 (きもん)とは、行くと悪いことに出会う場所。また、苦手な人物や事柄。

【語源・由来・成り立ち】

鬼門の語源・名前の由来について、もとは、陰陽道(おんようどう)で、邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら)の方角(北東)のこと。

近世以降、意味が一般化しれ、行くと悪いことが起こる場所をさしたり、苦手な対象を示したりするようにもなった。

【使い方・実例・用例】

*グラフにして分析することで、どのチームが“お得意様”か、どの球場が“鬼門”かが、ぱっと見で分かる。

【漢字辞典】

「きもん」を漢字で書くと「鬼門」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 鬼門【きもん】