ホーム > 【か行の由来語源】 > 金字塔を打ち立てる

▶ 金字塔を打ち立てる

《スポンサードリンク》

金字塔を打ち立てるの名前の由来語源・使い方

【意味】

金字塔を打ち立てるとは、後世に長く残るような偉業を成し遂げること。

【語源・由来・成り立ち】

金字塔を打ち立てるの語源・名前の由来について、「金字塔」はピラミッドのことで、その形が「金」の字に似ていることからの異称。

ピラミッドは古代エジプトでは王や王族の墓として、古代メキシコでは神殿の基壇として建てられた建造物。王侯や神々の偉大さの象徴であることからたとえていうようになった。

【使い方・実例・用例】

*日本の囲碁の歴史に金字塔を打ち立てるタイトル「七冠独占」を達成した名人・井山裕太。

【漢字辞典】

「きんじとうをうちたてる」を漢字で書くと「金字塔を打ち立てる」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 金字塔を打ち立てる