ホーム > 【か行の由来語源】 > 琴線に触れる【きんせんにふれる】

▶ 琴線に触れる【きんせんにふれる】

《スポンサードリンク》

琴線に触れる【きんせんにふれる】の名前の由来語源・使い方

【意味】

琴線に触れる (きんせんにふれる)とは、感動したり、共鳴すること。

【語源・由来・成り立ち】

琴線に触れるの語源・名前の由来について、「琴線」は琴の糸のことで、人の心の奥深くにある感じやすい心情のたとえ。

【使い方・実例・用例】

*彼はこれまで心の琴線に触れる言葉や卓越したメロディセンスで多大な評価を得てきた。

【漢字辞典】

「きんせんにふれる」を漢字で書くと「琴線に触れる」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 琴線に触れる【きんせんにふれる】