ホーム > 【か行の由来語源】 > 錦松梅【きんしょうばい】

▶ 錦松梅【きんしょうばい】

《スポンサードリンク》

錦松梅【きんしょうばい】の名前の由来語源・使い方

【意味】

錦松梅 (きんしょうばい)とは、佃煮製造販売業者。錦松梅は同社が製造販売するふりかけの商品名でもある。

【語源・由来・成り立ち】

錦松梅の語源・名前の由来について、創業者の旭翁(きょくおう)氏が、食道楽で作ったふりかけであり、その名前は氏の趣味であった盆栽から、葉ものの王様といわれる「錦松」、花ものの王様といわれる「梅」から名をとったもの。

【使い方・実例・用例】

*おむすび専門店「百干」により、山本海苔店、錦松梅、小倉屋山本、新橋玉木屋、浅草今半の素材とあわせて仕上げられている。

【漢字辞典】

「きんしょうばい」を漢字で書くと「錦松梅」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【か行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【か行の由来語源】 > 錦松梅【きんしょうばい】