ホーム > 【ま行の由来語源】 > 微睡む【まどろむ】

▶ 微睡む【まどろむ】

《スポンサードリンク》

微睡む【まどろむ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

微睡む(まどろむ)とは、眠気を催してちょっとの間浅く眠る。とろとろと眠る。うとうとする。眠る。また、熟睡する。寝入る。転じて、活動が停止する。

【名前の由来語源・成り立ち】

微睡む(まどろむ)の名前の由来語源について、語構成は「目(ま)」と「とろむ」の組み合わさった語で、目がとろんとなる意から、浅く眠る意になったとされる。

【使い方・用例・実例】

*虎寛本狂言・花子〔室町末〜近世初〕「いざ夜もふくる、さらばまどろまうと言ふて、とろとろとろとまどろうだれば」

【漢字辞典】

「まどろむ」を漢字で書くと「微睡む」と表記する。

【まどろむの類語・関連語】


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 微睡む【まどろむ】