ホーム > 【ま行の由来語源】 > 摩訶不思議【まかふしぎ】

▶ 摩訶不思議【まかふしぎ】

《スポンサードリンク》

摩訶不思議【まかふしぎ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

摩訶不思議(まかふしぎ)とは、非常に不思議なこと。

【名前の由来語源・成り立ち】

摩訶不思議(まかふしぎ)の名前の由来について、「摩訶」は「偉大な」の意のサンスクリット語の「maha」の音訳で、大いなる、素晴らしい、偉大などの意にも用いられる。

摩訶不思議も本来は、非常に不思議というよりは、人智を超えたすばらしさを意味した言葉であった。

【用例・実例】

*安吾巷談〔1950〕〈坂口安吾〉東京ジャングル探検「なんのために交番へひッたててきたのか、このへんのところはマカ不思議で、わけが分らない」

*白く塗りたる墓〔1970〕〈高橋和巳〉一〇「病院も結構、摩訶不思議な組織体なのだ」

【漢字辞典】

「まかふしぎ」を漢字で書くと「摩訶不思議」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 摩訶不思議【まかふしぎ】