ホーム > 【ま行の由来語源】 > 幕切れ【まくぎれ】

▶ 幕切れ【まくぎれ】

《スポンサードリンク》

幕切れ【まくぎれ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

幕切れとは、物事が終わること。閉幕。

【名前の由来語源・成り立ち】

幕切れの名前の由来について、もとは芝居で、一幕が終わって幕が下りることをさす。同類の言葉で、物事を終わりにすることを「幕引き」というが、これは幕を引いて芝居を終えることからいう言葉。

【用例・実例】

*煤煙〔1909〕〈森田草平〉三一「二人の関係を終るには、切めて幕切れなりと好くしたい」

*読書放浪〔1933〕〈内田魯庵〉窓から眺める・死の種々相・二「二者の最後の幕切れを比較してもトルストイのには人生の苦痛が滲み出してゐて、漂泊の行路病者の如く死んだが」

【漢字辞典】

「まくぎれ」の漢字表記は「幕切れ」である。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 幕切れ【まくぎれ】