ホーム > 【ま行の由来語源】 > 満遍なく/万遍なく【まんべんなく】

▶ 満遍なく/万遍なく【まんべんなく】

《スポンサードリンク》

満遍なく/万遍なく【まんべんなく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

まんべんなくとは、全体に余す所なく行き渡っている様子。

【名前の由来語源・成り立ち】

まんべんなくの語源・由来について、「満遍」は仏教語で、平均・平等の意味。転じて、行き渡ることを表すようになった。

「満遍」だけで同様の意味にもあり、「満遍なく」の「なく」は否定の活用語尾ではなく、「満遍ない」の連用形。この「ない」は、意味を強調して形容詞化する接尾語で、「滅相もない」「途方もない」の「ない」と同じ。

【実例・用例】

*俳諧・八番日記‐文政三年〔1820〕三月「まんへんに御降受る小家哉」

*初年兵江木の死〔1920〕〈細田民樹〉三「自分の身体が、周囲から、眼に見えない平均した強い力で〈略〉うんと満遍(マンベン)に引っぱられて」

【漢字辞典】

「まんべんなく」を漢字で書くと「満遍なく」「万遍なく」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 満遍なく/万遍なく【まんべんなく】