ホーム > 【ま行の由来語源】 > 曼珠沙華【まんじゅしゃげ】

▶ 曼珠沙華【まんじゅしゃげ】

《スポンサードリンク》

曼珠沙華【まんじゅしゃげ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

仏語。赤色(一説に、白色)で柔らかな天界の花。これを見るものはおのずからにして悪業を離れるという。四華の一つ、紅蓮華にあたる。日本では、彼岸花(ひがんばな)をさす。

【語源・由来・発祥・成り立ち】

【漢字辞典】

「まんじゅしゃげ」を漢字で書くと「曼珠沙華」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 曼珠沙華【まんじゅしゃげ】